一般社団法人 日本海員掖済会 宮城利府掖済会病院

【第36号】一年遅れの恋するフォーチュンクッキー裏話

 昨年の当院の忘年会では全国の流行より一年遅れてAKB48の恋するフォーチュンクッキーを職場全員で踊るという企画を行った。恋するフォーチュンクッキーを歌っていたAKB48主要メンバーの多くが卒業し、センターの指原さんも総選挙では一位陥落となっている今なぜ?

 当方が恋するフォーチュンクッキーをはじめて見たのは流行が去ったその翌年の2月、職場のスタッフと2次会のカラオケに行った時だった。ストリートダンスの古典的テクニックを駆使した振付をかわいらしいAKBの方々が踊る恋するフォーチュンクッキーにいたく感動したのであった。その時一緒だったスタッフとみんなで踊りたいねという話になった。

早速DVDを買いにレコード屋に走り既に安売りとなったDVDを購入。家で曲をかけ練習していたら突然家族が『うるさい! もう止めて!!』と絶叫。まず第一に流行おくれの曲を聴かされるのもいやだし、秋元康の策略にまんまと引っかかっているというのもいやだし、歌われている世界もいやだと。以後自宅での練習は音楽なしで黙々と行うことに相成った。きくところによると他のメンバーの家でも絶叫はないものの『もうやめてくれ』という声はあったとか。

そのうち2月のカラオケメンバーのうち2名が恋するフォーチュンクッキーの振付けを当院のえきさいストリートダンス教室で習いたいと言い出した。 ダンスの基本練習が長くなかなかフォーチュンクッキーの振り付けそのものに入らない時期が続いたが、2名は多忙な中、止めることなくダンスの基本練習を黙々とこなしていた。ただ者ではない。

忘年会でみんなで恋するフォーチュンクッキーを踊るというお墨付きは院長からもらったものの、一般の職員からはななかなかお墨付きがもらえない。ある部門ではむしろ踊らされるなら忘年会に出たくないという声が大半であった。そんな中孤軍奮闘で深夜の勤務前に練習場に現れ黙々と練習をしていたスタッフもいた。大した根性だな、ただ者ではないなと思った。ただ者ではない方々はその非凡さを遺憾なく発揮しサンタクロースの格好で当日立派にダンスをこなしていた。

一方アフロヘアとサングラスで黒人DJの出で立ちの当方。これまでにえきさいストリートダンス教室で習った成果を踊りに盛り込みたいと意気込んでいた。スネーク、シャッフル、ワットを綺麗に入れようなんてね。しかし動画をみて愕然。意気込みは空回り。動きが先走って一人だけリズムに合わず・・・しかも全く可愛くない(当たり前だが)・・・ぶー。そんな話をストリートダンス教室のO先生に話すとO先生曰く『ダンス上級者になると動きに気が取られてリズムがとれなくなることがあるんです』と。家族曰く『先生は優しいねー』。

 

裏話の裏話:岩田華怜(かれん)

恋するフォーチュンクッキーDVDの振り付けの映像に出てくる向って右側の女の子。きちんとシャッフルも入りダンスが上手。それでいてあまりすれていない感じ。名前は岩田華怜。なんと宮城出身であると。そんなことで東日本大震災の被災地被災地訪問をしたり、最近では菓匠三全のCMにも起用されたりしているようだ。 しかし調べてみると色々大変なようだ。ストーカー的ファンに握手会で『結婚してください』と言われる事件があったり・・・。で、総選挙のランクはとみると圏外であると。きけば太オタという沢山CD買ってくれるファンがついていないと総選挙のランクインは困難なのだとか。・・・中学生の女の子にねえ・・・AKB48の裏の世界を見てしまった気がした。

 

発行日:2015.01.19