一般社団法人 日本海員掖済会 宮城利府掖済会病院

病院の歩み

昭和24年10月 塩釜市尾島町の東北海運局内に塩釜診療所として発足
昭和26年 6月 生活保護法 指定
昭和28年10月 同市千賀の浦に塩釜掖済会病院(30床)が開設
同年11月 結核予防法 指定
同年12月 医療無線電報発受病院 指定
昭和29年 6月 第二種社会福祉事業届出受理
同年 9月 労働者災害補償保険法 指定
昭和31年 5月 病棟増床 計60床
同年 9月 金華山沖で操業中の重傷船員に対し、日本最初の洋上救急を施行
昭和41年 5月 同市新浜町の県有地に新築移転(60床)、旧院は千賀の浦分院として継続
同年 9月 巡回診療車を購入し、無医村の巡回診療を開始
昭和44年 3月 救急病院 指定
同年 6月 借用県有地の払い下げを受ける
昭和47年 6月 救急病床40床を増築、計100床
昭和48年 3月 救急医療基幹病院 指定
千賀の浦分院を閉鎖
昭和52年 4月 更正医療(腎臓) 指定
人工腎臓透析開始(16床)
昭和60年 4月 早朝健診(朝7時)開始
昭和63年 6月 磁気共鳴断層撮影装置(MRI)導入
平成 9年12月 利府町に新築移転(100床)、宮城利府掖済会病院に改称
平成10年 3月 リハビリテーション科開設、呼吸器科増設
平成11年 7月 附属塩釜診療所開設
平成15年 5月 附属りふ訪問看護ステーション開設
平成16年 1月 開放病床(5床)設置
平成19年 2月 地域医療連携室開設
同年 3月 開院10周年記念植樹
同年 5月 病院広報誌「えきさいだより」第一号発刊
同年12月 開院10周年記念祝賀会(仙台ホテル)
平成20年 4月 病院敷地内全面禁煙
同年 5月 洋上救急事業の功績に対し、日本水難救済会名誉総裁表彰が授与
平成21年 3月 附属りふ訪問看護ステーション閉鎖
居宅介護支援事業所は継続
同年 7月 居宅介護支援事業所をりふ掖済会居宅介護支援センターに改称
同年 7月 亜急性病床(8床)設置
同年12月 りふ掖済会居宅介護支援センター閉鎖
平成23年 7月 附属塩釜診療所閉鎖
平成25年 4月 一般社団法人へ移行
平成26年 9月 障害者病床(50床)設置